輸入住宅って何?

輸入住宅とは 2×4工法って? 窓ガラス デザイン
高気密・高断熱 建具について フローリング 災害と家
エトセトラ
メンテナンス編 換気システム




洋風住宅のことを輸入住宅と言うの?

今建てられている多くの住宅が洋風なのか?和風なのか?というと、洋風になります。和風住宅自体あまり目にしないですよね。。

よく目にする住宅と輸入住宅との違いについて、この家は輸入住宅なの?この家は?などと一見見分けが付かないこともあります。特に在来住宅で話を進めていたころは、正直わかりませんでした。ところが、何軒か輸入住宅を目にしていくうちに、違いがわかるようになりました。一つには窓があげられます。単に窓ガラスに格子が入っているいないではなくて、窓の重厚感だったり、15年前だと、樹脂サッシがまだ少なくて、一部の高いHMや輸入住宅で使用されているくらいでした。

また、その窓越しにうかがえる壁の厚みだったり(2×工法による)、自宅の中が窓から見えにくい雰囲気(おそらくLow-Eガラス)で、一般的な洋風住宅との違いがわかるようになりました。15年前はやっと高気密だの高断熱だの聞こえてきた頃でしたので、窓にしても国産窓でも樹脂サッシがないわけではありませんが、アルミサッシが主流でせいぜいペアガラスを見かける程度でした。

窓の配置によるデザイン性

あと、意外と知られていないかもしれませんが、窓の配置です。特に家の裏側に配置されているお風呂・洗面所・トイレ・キッチンなどなどの窓を見ますと、輸入住宅は大変セパレートされていてデザイン的に美しいのです。この話は輸入住宅HMのベテラン営業マンが話して下さいましたが、窓枠の下部の高さを全て合わせてある。というのです。これ、他の住宅の窓の配置を見てみますと、結構高さがバラバラなんです。

もちろん、窓のタイプや大きさはそれぞれですが、窓の下のラインを合わすと、窓の上ラインが違ってもスッキリ見えるんです。

輸入住宅って何だろう?

一口に輸入住宅といっても他の住宅との違いは? 色々と住宅や展示場を見ていくうちに外観の雰囲気とかで違いがわかるようにはなりますが、中には見た目まるで輸入住宅。でも工法を聞くと「在来工法」だったりする家もあり、分かりづらい事もあります。輸入住宅は、日本ではカナダやスゥエーデン・南欧あたりの生活様式や文化などの設計思想が反映されていると思います。日本の住宅は居住年数が経つと、その資産価値は下がってきますが、アメリカなどでは逆に資産価値があがってくるといいます。その理由は、もともと耐震性だとか耐久性が高いことに加えて、自分でDIYの中でフローリングを張り替えたりなどして手を入れることで木造住宅でありながら、50年、100年と経った住宅も。

建設会社を経営している友人に輸入住宅の工法について尋ねたことがあります。彼曰く「日本の気候に合わない!」と言ってました。では、比較的多い日本の工法である在来軸組が気候や風土に合うのでしょうか?日本は高温多湿な土地柄で家の中の湿気を防ぐために、比較的風を通しやすい家がいいとされてきました。しかし、日本は南北に長いわけで、北海道と九州でも随分気候は違うはずです。その気候の違いは海外の輸入住宅の資材元でも同じなのでは?それと、最近の高気密・高断熱仕様を考えますと、在来の風土や気候に合うといった考えが変わってきているのではないかと思います。

輸入住宅は100%輸入なの?

セルコホームなど、発注をかけた資材等パッケージになって輸入していると聞いたことがありますが、それでも100%輸入品とは限りません。特に水回り等の住宅設備においては、どうしても合わないものあり、万一故障したりしても、在庫がない限り、その間不便な思いをすることもあります。

知り合いの方が海岸線に輸入住宅を建設したときは、潮風を気にして、海岸側の窓・サッシは全て国産で施工していました。(見た目遜色なかったです)

部屋のクロスについても、輸入クロスもあるのでしょうが、カナダなどはドライウォールが主流で、熟練の技術が必要とされます。その仕上がりは大変美しいのですが、日本では大半がクロスです。うちもクロスです。

屋根材はどうでしょうか?HMによっては海外のスレート瓦を使うこともあるでしょうが、うちは国産のスレート屋根です。

海外の良いところや国産のよいところを持ち合わせた住宅で、カナダだったり南欧だったりの生活様式を取り入れた設計が輸入住宅といえるのではないでしょうか?



住宅パンフレットの活用術

住宅パンフレットの活用

展示場にパンフレットがあれば是非持ち帰ってください。各メーカーが自慢の工法や断熱性など詳しく掲載されていますよ!最近は、ネットで色んなHMの資料請求ができるますので、是非試してみる価値はありそうです。
家づくりで損しないために【持ち家計画】一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に資料請求が出来るサイトです。 注文住宅で家を建てたいと思っていても、どこに依頼したら良いか悩む人は多いはず。 持ち家計画では、一度の入力で複数の工務店ハウスメーカーを選ぶことができるので、依頼先の検討に最適です 。

パンフレットによつては玄関の向きによって間取り図が記載されていることがあります。例えば、東玄関の場合とか北側玄関の場合とか・・土地の形状によって玄関の位置が変わってきますので、是非参考にしてください。

私は、間取り図を参考にグラフノートを買ってきて、何度も自分で間取りを書きながらマイホームのイメージを膨らませていました。

土地が決まってくると、そのイメージは段々現実を帯びてきます。

今、住んでる我が家は私が間取りを描いたのとほぼ同じ内容で建てて頂きました。当たり前ですが、それでも設計料金は取られますので^^;

当時、HMの社長が「今まで、間取りを持ち込んでこられたことはありますが、いきなりこの家を建てて下さいと持ってこられたのは初めてです。」と驚かれていましたが、今となっては少々お恥ずかしい次第です。が、それだけ施主となる私の思いを汲んで頂けたのではないでしょうか!

在来工法の建築中の見学

建築中の住宅見学

まだ、住宅展示場巡りをしている頃、私の妹や家内の妹、また、家内の実家が相次いで新築中でした。3軒とも在来工法住宅。私が話しをすすめていたHMではありませんでしたが、同じ工法なので参考になりました。

棟上げの日は業者の方々も多く来られていますので、いろんなお話を聞くことができました。その中から記憶にあるものを列記すると・・・・

・屋根には大型のトラックが一台置いてあるようなものなので、筋交いの入れ方が重要である。

・フローリングを貼る根太の間隔は45センチで造っていること。

・大きなガラスは全て強化ガラス。先の尖ったものには弱いが、野球のバットで叩いても割れないと力説。3軒ともペアガラスではなかった。

・ローコスト住宅では網戸もオプション。

私は3軒の在来工法をみながら、木造住宅とはいえ、意外と住宅の骨格だけ木材ですが、使っている木材の量が少ないものだと思ってみてました。

それは、日本の気候・風土の合っているから? 高温多湿の気候の中では開口部をなるべく多く取り、換気を良くしなければ家がダメになるという。

しかし、一方、在来軸組住宅は、戦後日本の材木等の資材不足から考えられた工法であり、日本古来からの工法とは意味が違うという意見も聞く。

開口部を広くとって換気をよくするのはわかるのだが、昨今の高気密・高断熱住宅はいったいどう説明つくのだろうか??

そして、一番決定的だったのは、平成7年の阪神大震災です。 地震に弱い住宅と地震に強い住宅の差が一命を左右したとも聞きました。

まあそれでも、在来軸組工法のHMに固守していた私です。^^;あまり、人と変わったことはしたくない。とりあえず、価格的にも無理のない支払いができる。その程度の知識しか持っていなかったわけで。。もちろん、2×や鉄骨プレハブ・在来を否定するわけではないのですが、確固たるものを持ち合わせていないのだ。

住宅展示場巡りをしている間に、すこしすすんだ話をしていたHMさん(在来工法)から住宅設備の見学会するとの案内で、キッチンのショールームに伺いましたが、タイミングが悪かったのか、一度もオープンハウスや、建築中の見学会にお誘いはありませんでした。

チャンスがあれば、色んな工法の建築見学会には参加すべし!^^

余談ですが・・・・

その在来メーカーとは公庫申し込みまでいったのですが、うまくいかずに、おまけに土地購入の問題も絡んで、全てお断りしたのです。最後にそこの担当営業マンが自宅に頭を下げにきました。私はその若い営業マンに「私も今回はいい勉強になりました。でも、今日、あなた一人で頭を下げにきても、納得はできないのよ。あなたの上司は一度電話をよこしてから、一度も来ないじゃない?でも、もういいよ。土地は買いました。しばらくは新築は考えたくないのでね。。」そう言うと、彼は申し訳なさそうな顔をしながら、「他のメーカーで時々モデルハウスを安くでという事があるので、一度応募されてみてください」 もう、笑うしかないのだけど、彼はいたって真剣な様子でしたので、もう何も言わずに、帰ってもらいました。

 

 

住宅展示場巡り




住宅展示場での見るポイント

新築を考えるようになって私がまず何をしたか?という点ですが、住宅展示場巡りでした。集合展示場だと、いろんなHM(ハウスメーカー)や工務店の自慢のモデルハウスが一度に何か所も見学することができます。

住宅展示場見学のメリットとデメリット

メリットについて

・大手HMや地元のHMなど、工法や自分や家族のライフステージに合うメーカーとの出会いがあるかもしれません。

・見学の事前に簡単な工法とかの勉強していると、営業マンの話すことが少し理解できる。

・間取りの取り方や実際に住むことへのイメージが広がりやすい。

・色んなモデルハウスを見ることで、比較できる。

・営業マンに直接質問を投げかけられる。

・使用されている住宅設備(トイレ、お風呂、キッチン等々)を確認できる。

デメリットについて

・展示ハウスは大概HMの最高標準装備であること

・展示場のモデルハウスが広い。平均70坪もあり、ユーティリティなど豪華に作られいる。

・予算に合うメーカーなのか?!現実的なのかどうか?

・後日メーカーの方が訪問してくる可能性あり。

大体以上のようなことだと思いますが、私自身について書いてみますと、

3個所の集合住宅展示場と1個所の販売用展示場を見にいきました。

その中で、一番参考になったのは、販売用展示場でした。新しい住宅用地に10軒ほどの新しい家が立ち並んでいて、そのまま販売までするという。土地の広さは50坪~60坪程度なので、そこに建てられている住宅は35~40坪ほどの、私の身の丈に合う広さでした。一般の住宅展示ハウスと違い、現実的な間取りと住宅設備。販売価格も土地込でなんとかなるかな・・・・と^^;

そんな中一番目を引いたのが実は、輸入住宅でした。フローリングの無垢材・螺旋階段・カーペット敷詰の子供部屋・かわいいクロスなど・・

ただ、部屋のドアが全てペンキでペイントされており、違和感を感じていました。

 このドアの件については後程^^

さて、もう1軒気になった住宅がありました。それは外張断熱を売りにしていた住宅メーカーでした。断熱性の高さと遮音性の高い玄関ドア。それと、24時間換気システムによる部屋の空気の流れを一生懸命に話されていましたが、大半よくわかりませんでした。笑

 

住宅展示場で印象的だったこと

今でも忘れることができません。展示場をまわって色んな営業の方がいますが、大手M社の女性営業マンが私に声をかけてきました。「ご予算はどのくらいですか?」まだ家を建てるかどうかはっきりしない時期でしたので、適当に「ウン千万くらいですかね・・」と答えたところ、「そうですか・うちのメーカーだと、25坪程度なら建てられますよ。」まあそれは承知していても、気になって見ているだけなんだけど、現実的なことを突き付けられた感じで嫌でしたね・笑

次に言われたところも大手HMでしたが、「坪単価どのくらいでお考えですか?」と聞かれたので、「40万くらい。。」すると、「この展示場は坪単価で60万くらいですよ。まあ50万でもいけますが。。。。」とここも上から目線でしたーー;

次は、展示場巡りしたある大手の鉄骨プレハブ住宅メーカーでしたが、ある日電話がかかってきました。「やはり木造を検討されてますか?」という営業マン。「まあそうですね。一応・・」と私。 「木造の耐年年数はどのくらいかわかりますか?」と聞いてこられました。「25年くらいと聞いています。。」と私。「そうなんです。25年です。また建て替えなくてはならない。うちは、50年は最低持ちます。」と。 「すごいですね!じゃあ50年経った御社の家をどこかで見れますか?」そう聞いたとたん、電話を切られました。

また、次も比較的大きなHMで、在来工法の和風建設でした。玄関に御影石を使ったり、広い玄関の上り口のフローリングは無垢材がふんだんに使われていました。ただ、その床の上を歩くと大変やわらかいといいますか、少し、体重を乗せてみると感覚的に撓む感じが・・・・「この無垢材美しいですね。。何ミリの材なのですか?」と質問すると、「弊社では7ミリのフローリングです。」と答えてくれました。内心・どうりで・・と思った次第でした。

 





新築から15年経ってわかる輸入住宅の住み心地!

注目

夢のマイホームは輸入住宅でした!!

 初めまして!!管理人のSUNAFUKINです。 

住宅新築を考えてた当初は在来住宅メーカーと話しをすすめ公庫申込までいきましたが、土地を巡るトラブルと公庫からの融資額が低くて、お断りしたことからスタートしました。 そして。。。。

今から15年前にマイホームがついに完成!! 建てた家は輸入住宅でした。15年住んでみての率直な感想を記事にしました。この記事の内容は私が住んで、わかったことを実体験に沿って掲載しています。

これから家を建てようと考えている方

1件でも多くのHMや工務店のパンフレット、最近はネットでも色んな住宅の情報を閲覧できると思うので、より多くの情報を仕入れておいて損はありません。その中で思い描く間取りや工法、健康、安全な住宅を知ることができると思います。

格安ローコスト住宅は本当に安いのか?場合によっては網戸までオプションだったHMもありましたし、知り合いの自宅はトイレが断熱仕様でなくて、冬場ひどい結露に悩まされて、クレーム処理した話も聞いています。色んなHMの標準仕様とは?とりあえず、多くの広告はパンフをじっくり見ることは大事です!!

輸入住宅とは 2×4工法って? 窓ガラス デザイン
高気密・高断熱 建具について フローリング 災害と家
エトセトラ
 メンテナンス編  換気システム  





土地に合った自由設計