室内ドア・クローゼットドア

輸入住宅とは 2×4工法って? 窓ガラス デザイン
高気密・高断熱 建具について フローリング 災害と家
エトセトラ
メンテナンス編 換気システム

お洒落な室内ドアについて

一般的に使われている室内ドアはどうやって作られているのでしょう? 専門家でもなんでもないので、はっきりはわかりませんが、おそらく、ドアの枠を作り、そこにべニアのような板を貼り、その上から樹脂シートや木目のついたツキ板を貼ってあるのではないでしょうか?

だいたいこんな感じの雰囲気のドアが多いと思います。もちろん、無垢を使ったドアもありますが、新築を建てる前の私の室内ドアのイメージはこの写真の通りでした。綺麗な化粧板、実はプリントされた樹脂シート(紙みたいな・)です。過去に実家の室内ドアを破ったことがありますが^^;、ドアの表面部分はべニア板で、簡単に穴が開いてしまいました。

このドアは我が家の室内ドアです。オフホワイトでペイントされています。一番最初に展示場でこの室内ドアを見たときに、違和感を感じました。それまでは、室内ドアというと、ドアの表面は綺麗な木目模様だったからです。しかし、それは単に、化粧板というか樹脂シートを貼ってあるだけだど、あとからわかってきました

輸入住宅の室内ドアは表面はべニア板ではなく、幾つかの木材パーツを組みあわせて作られているようです。ドアの部位の木目の方向が違うので、1枚板ではありませんが、パーツを組み合わせることで、木の歪みがでないようにしてあるのだと思います。また、好きな色にペイントして貰えたので、娘の部屋はドア枠からクローゼット、室内ドア全てレモンイエローにペイントしてあります。 もちろん、飽きたら自分でペイントもできるので便利。(やってませんが・・) 真鍮のドアノブがお洒落です。あと、室内ドアと床との間にわずかな隙間を設けることで、換気の流れを作っているのだとか。。

室内の全てのドア・窓枠・クローゼットなどにはお洒落な回り縁が設けられています。

デザインが施されていてなかなかお洒落です。こういった細かいディテールに拘ると金額も高くなりますが、この程度は標準施工の一つだったと思います。我が家はフローリングの周りにも回り縁を付けてありますが、予算の関係から天井部分は施工していません。あれば、もっとお洒落な雰囲気になることは間違いありません

 

 

クローゼットもお洒落に

部屋のちょっとしたスペースを利用してクローゼット設けたり、あるいは玄関のシューズボックスなど注文を入れました。

このクローゼットは娘の部屋のクローゼットです。同じものを2つ作って頂きました。折戸になっていまして、写真ではわかりにくいのですが、レモンイエローにペイントしてあります。かなり、広いクローゼットで丈の長いコートなども下げることができるんです。

玄関に作って頂いたシューズボックスです。靴棚の棚をご覧ください。かなり厚い木を使ってあります。合板でないことは一目瞭然です。米松を使ってあるのですが、この木が靴などの湿気を調整してくれます。写真ではわかりませんが、ゴルフのキャディバッグが2つ収められるほど、大きめのシューズボックスです。

棚の間隔は調整できますので、高さのあるブーツなども簡単に収納できます。

シューズボックスの戸を閉めると、このようにお洒落なドアになります。見た目も、使い勝手も大変満足の建具です。このシューズボックスの取り付けはドアの丈夫に滑車のようなものが取り付けてあります。たまにネジが緩むことがありますが、やり方を一度覚えると、簡単に自分で調整できます。手に負えないことはありませんが、もし外れるようなことがあったら、HMさんへ! 私の家を施工していただいた会社はすぐにやっていただきました。

 

ニッチや掲示板もお洒落に見せる

2×4の特性を生かして、壁にニッチを付けて頂きました。

写真は玄関に設けて頂いたニッチです。バックには大理石を施し、娘が保育園時代に書いた絵を飾ってあります。 階段にも2か所ニッチを設けてあります。

 

この写真はキッチンの壁に掲示物を貼り付ける掲示板です。壁に押しピンで穴を開けたくなかったので、ホームセンターからコルクボードを買ってきました。すると、大工さんが、そのコルクボードを壁に貼り、回り縁でいい感じに作って頂きました。

ちょっとしたアイディアとスペースを使って収納やニッチなど施すことができるので、大変重宝しています。掲示板などは、うちの見学会に訪れた方が採用していただいたとお聞きし、嬉しく思いました。

室内ドア・クローゼットドア」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新築から15年経ってわかる輸入住宅の住み心地! | 住んでわかった健康住宅 我が家の輸入住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です