部屋ごとに壁紙を変えてみた!




せっかくだから部屋ごとにクロスを変えてみた!

通常、洗面所とトイレは壁紙変えて遊んでください。と言われます。デザイン性の高いクロスになると価格もすぐに倍以上かかってしますわけで、かといって標準でのクロスは単調なのが多いようです。

私は廊下や階段、玄関などはいわゆる標準価格のクロスでもいいと思い、壁紙と天井のクロスを白を基調として明るさを第一に選びました。

一つだけ一番の希望はリビングは黄色を基調としたオレンジがかった色!!にしたかった。単色なのですが、よくみると白も入っていて値段もそこそこ高かったような記憶です。

知り合いの家をみてみると、洗面所とトイレはボーダーが入っていたり、デザイン性があるクロスでしたが、他の部屋は全て同じクロスでアイボリーから白のクロスでまとめてありました。

玄関~廊下のクロス

白を基調とした天井と壁のクロス。白だとエントランスが明るく見えます。この場所を思い切った色のクロスを使うこともいいかもしれないです・

リビング・ダイニングキッチンのクロス

自宅はキッチンとダイニング、リビングが一つの部屋になっていて、全て同じクロスを施して頂きました。少し、オレンジっぽい色。黄色のもよかったのですが、この色はかなり気に入っています。我が家に来られた方はこのクロスの色に驚いていました。やはり、大半白が多いですからね。。

リビング吹き抜けです。写真をクリック

「洗面所は華やかにピンク色を基調に

洗面所はバスルームへ続く場所です。暖色系の温かさを演出したいのと、風水が当時流行っていて、自宅の玄関の色もそうですが、洗面所も風水も参考にしました。(笑)

華やかなクロスです。上部は薔薇の柄です。ピンクのボーダーと腰高クロスは格子柄です。このクロスは3種類のクロスの組み合わですので、組み方はいろいろできます。その分料金はかかります。

狭い空間だからこそ楽しい雰囲気のトイレを演出

自宅を建てた当時、二人の娘はまだ小学生。夜中一人でもトイレに行けるようにと、少し子供っぽいクロスにしました。もっと派手なディズニーとかありましたが、将来を考慮して、このクロスに落ち着きました。クロスの表面が少しザラツイタ感じのクロスですが、お気に入りの場所になっています。

熊さんや花、お菓子の柄がとても可愛いです。ペーパーホルダーは既成のものではありません。トイレはTOTOですが、施工時にタオル掛けとホルダーは替えてもらいました。

寝室は熟睡するための寒色系のクロスで!

寝室は緑色系のカーペット敷詰めです。一番迷ったのはクロス。紫色一色にしようか?海外ではかなり大胆な色使いしているのですが、やはりそこまではなれず、紫色・グレーと迷い迷い、結局、カーペットに合わせた、緑色系の寒色系にしました。確かに、落ち着く感じで寝室にはピッタリかもしれません。

マーガレット柄の上部クロスとマーガレット柄のボーダー。そして、緑色の格子柄の組合せです。ここも3種類のクロスを使用してます。

カーテン類はHMさんに紹介されて、輸入カーテンにしてあります。縫製は地元で行っているので、大変よかったです。寝室のカーテンはクロスに合わせて、緑色系の厚手のカーテンにしました。

娘達の部屋は西側。風水の黄色をテーマに窓枠も室内ドアもレモンイエローに合わせたクロスを

ピンクとグレーのドット柄です。娘たちはディズニーを希望していましたが、大人になると、やはり後悔するよっていうことで、ここは大人の判断でして。。笑

和室は落ち着いた薄いベージュの和紙系で

和室が一部屋あります。床の間まで作ってしまったわけですが、やはり畳はいいものです。

Rを施した床の間に合うように、和紙のクロスで!

各部屋のクロスを掲載する中で、15年経過してもあまり傷んでいないことに気づきました。新築当初は少しでも汚れがあると神経質になっていましたが、クロス自体は剥がれもなく、よほど施工レベルが高いのか、綺麗な状態です。知り合いの自宅の洗面所のクロスが築後数年後には横に裂け目ができていました。HMの方に聞くと、構造上の問題なのかな?と頭を傾げていましたが、私の自宅は全く問題ない状況でして^^ あと、部屋に合わせたカーテンとトイレ洗面所、キッチンはカフェカーテンで楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です