住宅展示場巡り




住宅展示場での見るポイント

新築を考えるようになって私がまず何をしたか?という点ですが、住宅展示場巡りでした。集合展示場だと、いろんなHM(ハウスメーカー)や工務店の自慢のモデルハウスが一度に何か所も見学することができます。

住宅展示場見学のメリットとデメリット

メリットについて

・大手HMや地元のHMなど、工法や自分や家族のライフステージに合うメーカーとの出会いがあるかもしれません。

・見学の事前に簡単な工法とかの勉強していると、営業マンの話すことが少し理解できる。

・間取りの取り方や実際に住むことへのイメージが広がりやすい。

・色んなモデルハウスを見ることで、比較できる。

・営業マンに直接質問を投げかけられる。

・使用されている住宅設備(トイレ、お風呂、キッチン等々)を確認できる。

デメリットについて

・展示ハウスは大概HMの最高標準装備であること

・展示場のモデルハウスが広い。平均70坪もあり、ユーティリティなど豪華に作られいる。

・予算に合うメーカーなのか?!現実的なのかどうか?

・後日メーカーの方が訪問してくる可能性あり。

大体以上のようなことだと思いますが、私自身について書いてみますと、

3個所の集合住宅展示場と1個所の販売用展示場を見にいきました。

その中で、一番参考になったのは、販売用展示場でした。新しい住宅用地に10軒ほどの新しい家が立ち並んでいて、そのまま販売までするという。土地の広さは50坪~60坪程度なので、そこに建てられている住宅は35~40坪ほどの、私の身の丈に合う広さでした。一般の住宅展示ハウスと違い、現実的な間取りと住宅設備。販売価格も土地込でなんとかなるかな・・・・と^^;

そんな中一番目を引いたのが実は、輸入住宅でした。フローリングの無垢材・螺旋階段・カーペット敷詰の子供部屋・かわいいクロスなど・・

ただ、部屋のドアが全てペンキでペイントされており、違和感を感じていました。

 このドアの件については後程^^

さて、もう1軒気になった住宅がありました。それは外張断熱を売りにしていた住宅メーカーでした。断熱性の高さと遮音性の高い玄関ドア。それと、24時間換気システムによる部屋の空気の流れを一生懸命に話されていましたが、大半よくわかりませんでした。笑

 

住宅展示場で印象的だったこと

今でも忘れることができません。展示場をまわって色んな営業の方がいますが、大手M社の女性営業マンが私に声をかけてきました。「ご予算はどのくらいですか?」まだ家を建てるかどうかはっきりしない時期でしたので、適当に「ウン千万くらいですかね・・」と答えたところ、「そうですか・うちのメーカーだと、25坪程度なら建てられますよ。」まあそれは承知していても、気になって見ているだけなんだけど、現実的なことを突き付けられた感じで嫌でしたね・笑

次に言われたところも大手HMでしたが、「坪単価どのくらいでお考えですか?」と聞かれたので、「40万くらい。。」すると、「この展示場は坪単価で60万くらいですよ。まあ50万でもいけますが。。。。」とここも上から目線でしたーー;

次は、展示場巡りしたある大手の鉄骨プレハブ住宅メーカーでしたが、ある日電話がかかってきました。「やはり木造を検討されてますか?」という営業マン。「まあそうですね。一応・・」と私。 「木造の耐年年数はどのくらいかわかりますか?」と聞いてこられました。「25年くらいと聞いています。。」と私。「そうなんです。25年です。また建て替えなくてはならない。うちは、50年は最低持ちます。」と。 「すごいですね!じゃあ50年経った御社の家をどこかで見れますか?」そう聞いたとたん、電話を切られました。

また、次も比較的大きなHMで、在来工法の和風建設でした。玄関に御影石を使ったり、広い玄関の上り口のフローリングは無垢材がふんだんに使われていました。ただ、その床の上を歩くと大変やわらかいといいますか、少し、体重を乗せてみると感覚的に撓む感じが・・・・「この無垢材美しいですね。。何ミリの材なのですか?」と質問すると、「弊社では7ミリのフローリングです。」と答えてくれました。内心・どうりで・・と思った次第でした。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です